お客さまのことを もっと知るためのAI サービス

Smart Retail Management - 店舗管理支援サービス

店舗運営の改善はAIが考える時代

Smart Retail Managementとは、店舗内のカメラ映像をAI分析し顧客情報を可視化し、販促計画やマーケティング戦略の見直しに役立つデータを提供するサービスです。画像解析による来店客分析や集客分析、空席検知、防犯などの機能も備わっており、店舗スタッフでは把握しきれない情報をAIによって分析します。これにより、経営者やスタッフが難しい分析知識を必要とせず最適な店舗運営を実現することができます。 飲食業では、席の稼働率に応じたリアルタイムのプロモーションを可能にし、小売業では、潜在顧客を積極的に取り込む店舗マネージメントを実現します。 少ない投資で顧客満足度や店舗稼働率を向上させる店舗経営の強い味方となるツールです。

Smart Retail Management -店舗管理支援サービス
Smart Retail Management -店舗管理支援サービス

店舗の状況を「見える化」
オペレーションを強力にサポート

来店客分析で機会損失回避

店舗内のカメラ映像から来店者数、年齢性別推定、行動パターンをAIで可視化し分析。来店者の趣向に店舗をマッチさせることができます。

防犯強化で安心・安全を提供

防犯カメラの映像をAIがリアルタイムで監視。カメラで不審な行動や異変を即座に検知し見逃しません。高い防犯機能で来店者へ安心と安全を提供できます。

空席を検知して稼働率を改善

飲食店内のネットワークカメラの映像からAIにより空席状況を把握。飲食店の空席管理や集客、店舗の待ち時間解消に活用できます。

多様な業態にフィットする店舗運営サービス

空席情報をサイネージに可視化

空状況をAI分析し、店舗外に設置したサイネージ等のデバイスと連携することでリアルタイムに空席情報を表示。割引クーポン情報等も併せて表示することにより、来店者誘導・店舗稼働率の向上を実現します。

未購入者の分析

来店者の性別や年齢、滞在時間など行動分析を行うことで、可視化できなかった導線分析、滞在率をグラフ化。店舗の商品と来店客の要望をマッチさせ店舗運営を向上させることができます。

導線の見える化

導線分析を行い、スタッフの感覚に頼らないデータから商品の見直しや陳列などを改善し販売促進につなぐことができます。また、販売計画にも役立てる事ができます。

導入事例

株式会社 MonotaRO事例

モノタロウAI ストア 佐賀大学校内に無人店舗オープン

国立 佐賀大学 本庄キャンパス内に、無人・省人オペレーションを目指した店舗の運営実証実験1 号店「モノタロウ AI ストア powered by OPTiM」をオープンしました。 本店舗はモノタロウ初の実店舗であるのと同時に、日本で初めて大学校内で運営されている無人店舗となります。

キャッシュレス・セルフ決済を行うスマートデバイス用アプリ「モノタロウ店舗アプリ」と、店舗内のカメラ映像および入退店ゲート機器の情報を、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」と連携させ、実店舗に店員がいない状況でも、店舗内のカメラや入退店ゲート、各種センサーを制御します。さらに、設置された機器から取得したデータをAI が解析し、マーケティングに活用できる来店状況の分析や防犯検知など、無人店舗を運営するにあたり必要となるさまざまな問題点ならびに、発生した問題に対しての解決策などを本実証実験にて検証してまいります。

ニュースリリース:https://www.optim.co.jp/news-detail/34888

お気軽にお声掛けください。

「今の環境に導入できるのか?」や「導入後の効果見込みがわからない」などお悩みを持たれているお客さまも多くいらっしゃいます。ご安心ください、当社ではコンサルティングも行なっております。お客さまの求める最適解がご提供できるよう、誠意をこめてご対応させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ