鉄道・交通機関向け画像解析サービス
最小限の人員で最大限の安全性をAIで実現

無人駅、混雑する駅、事故が多発する駅などで、人間の代わりにAIが駅を見守ります。

鉄道ビジネスにもたらす効果

分析用ダッシュボード

駅の安全性を高める

カメラが駅ホームでの危険を検知して、予期せぬ事故を防ぎます。例えば、放置された不審物、線路内への転落、点字エリア内での停滞などを検知して、駅業務従事者にお知らせします。

スタッフのシフト表を最適化

混雑状況の見える化

カメラ映像から混雑が多発する駅、時間帯、車両を数値化します。混雑の原因を把握し、時差通勤の呼びかけや運行ダイヤ改正による混雑の分散など、対策を立てるための貴重な情報を提供します。

侵入検知などセキュリティー強化機能

利用者の定量データを提供

利用者の属性、滞在時間、駅構内での動線、エリアごとの混雑状況などをカメラ映像から数値化します。駅構内における商業施設開発に役立てることができます。

人間の目に代わり、AI監視で駅を守る
OPTiM AI Camera for Rail Transportの活用例

AI Cameraを使って入店社数と店前通行者数をカウントできます。

駅ホームからの転落を検出

利用する機能

  • 侵入禁止エリア(白線または黄色い点字ブロック内)への立ち入りを検知

導入効果

駅ホームに設置したカメラの映像をリアルタイムに解析し、ホームからの転落や転落の危険がある人を自動検知します。現場から離れた場所にいる駅スタッフや乗務員にアラートを送るとともに、ホームに設置したパトライトを点灯させたりすることで、早期対応を促します。

カメラ映像を解析し、お店のヒートマップを作成できます。

踏切内への侵入を検出

利用する機能

  • 踏切内で人や自動車が停滞しているなどの異常を検知

導入効果

踏切に設置されたカメラの映像からAIが人や自動車などの滞留を検知すると、すぐに列車の運転士にアラートを通知して、危険を知らせます。

カメラ映像を解析し、レジ待ちの長い時間を検知できます。最適なシフト表を組むために利用できます。

駅の商業施設開発を支援

利用する機能

  • 年齢・性別ごとに利用者をカウント

導入効果

利用者の属性を分析することにより、利用者のニーズや趣向に合わせた商業施設の開発を支援します。駅の利便性を高めることで、利用者の増加や駅構内の商業施設の収益向上につなげます。

カメラ映像を解析して来店社の属性(性別や年齢など)を取得して分析できます。

混雑検出と混雑分析

利用する機能

  • 指定エリア内に一定人数以上の混雑を検出すると通知。
  • 混雑度合いを日別、時間別にグラフ化。

導入効果

混雑が頻繁に発生するエリアを特定し分析することで、改札やエスカレーターなどの駅構内の設備の見直しに役立つ情報を提供します。

AI+カメラで安全な駅を実現する

機能の詳細、価格やオプションの詳細の資料をダウンロードできます。

詳しい資料を見る

導入モデルケース

駅内と駅のホームでの利用シナリオ

導入の目的

酔客の線路内への転落を検出して、ホーム転落による事故を未然に防ぐ
車いす、白杖などを使う見守り対象者を早期に検出し応対することにより、利用者の満足度を向上させる

導入条件

ホーム天井に4台のカメラを設置する

  • 混雑分析、検出、予測
  • 見守り対象者検出
  • 酔っ払い検出
  • 転落検出

導入費用

AI Cameraの初期費用と月額費用の価格表
AI Cameraの初期費用
AI Cameraの月額費用

AIが駅における安心・安全の取り組みをサポート

お問い合わせ