OPTiM AI Store

The AI strategy for your store 

オプティムは小売店舗の省人化を実現する
AIサービスを提供します

AIは小売をどう変えるのか?
時代を掴むKeywords

人口減少に伴い、市場への影響が懸念されるこれからの日本。私たちは今、人手不足を解消するためにテクノロジーの力を最大限に活用する時代を迎えており、パソコンやエッジコンピューティングなど情報処理デバイスの進化に伴い、その流れが加速しつつあります。人の代わりに AI ができる領域は AI に任せ、また、人がこれまでに出来なかったことを AI が出来るようになることで、新たなビジネスチャンスが期待されています
小売店舗にとって、そのキーワードとなるのが「無人店舗」「AI マーケティング」「AI 接客」です。
これらのキーワードは実店舗を持つ小売店にとって大きな転換期を意味し、時代の先駆者となることで、新たなチャンスを生み出すゲームチェンジャーとなる可能性をも秘めています。

無人店舗

無人店舗とは、無人で運営する店舗の ことを言い、主に入退店、レジ登録、 決済を店舗スタッフが行わず自動化し、それぞれの管理業務は人が行う店舗のことです。採用費や労務費など無駄なコストの削減や、人手不足に伴う機会損失の解消が可能です。

AIマーケティング

来店者の動きをカメラが取り込み、AI が得意な画像解析をすることで、入店者属性や動線分析など、これまで見えていなかった来店者の行動が可視化されるようになります。
これらのデータが新たな付加価値を生み出す可能性に注目が集まっています。

AI接客

人が発する言葉を AI が自然言語処理で解釈し、自動で受け答えをする AI 音声解析技術が進化しつつあります。接客で使われる頻度の高い情報をAI に学習させ、ノウハウを蓄積することで、お客様が知りたい情報をAIが素早く回答し、業務の効率化を図ることができます。

OPTiMが提唱する AI Store戦略とは?

「ITサプライヤー」 と 「小売」による
新しいビジネスモデルの創出

strategy-1

AI・IoTの活用が進展することによる
商業・流通業の市場規模の押し上げ効果(2030年時点)

推計80兆円※1

人手不足にAIを活用し生産性を高める

AI が人間の労働力をサポートすることで生産性を高め、利益率を上げていくシナリオは、業界を問わず世界的に予測されています。労働集約型の小売業ではその効果が高いと期待されています。OPTiM の提供する AI Store では、レジの無人化をはじめ、販売予測の自動化、マーケティング予測の自動化など、コスト削減を図りながら生産性を高める AI 機能を提供します。

※1 総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室「IoT時代におけるICT経済の諸課題に関する調査研究報告書より
資料内P207、「IoT・AIの経済成長へのインパクトの推計結果:市場規模(生産誘発額)産業別」の「産業別市場規模の予測結果」、「商業・流通」の市場規模予測値において、IoT・AIの活用が進展する場合の「経済成長シナリオ」の予測値419兆から、IoT・AIの活用が進展しない場合の「ベースシナリオ」の予測値339兆を引いた値より。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/linkdata/h29_04_houkoku.pdf

strategy-2

全国的に見た窃盗・万引きによる被害額

4,600億円以上※2

防犯対策で損失を減らし利益率を上げる

万引防止官民合同会議によると、全国的に見た万引きによる被害額は4,615億円(1日あたり12.6億円)と推定されています。また、店舗あたり年間の不明ロス金額の平均は、年間総売上の0.41%※3にも上ります。小売店舗にとって利益アップを実現するためには、売り上げを伸ばすことを考える一方、ロス率を減らすことも重要な経営課題となります。OPTiMの提供するAI Storeでは、万引き挙動を学習したAIが、店内監視カメラ映像から万引き予兆行動を検出し、担当者へ通知する機能を備えています。

※2 全国万引犯罪防止機構調べ
http://www.manboukikou.jp/html/media.html
※3 全国万引犯罪防止機構「全国小売業万引被害実態調査分析報告書」P.36「経年比較表/業態別比較表」表、「全体」行の「1社平均」より。
http://www.manboukikou.jp/pdf/situation274.pdf

strategy-3

日本の広告費

6.4兆円※4

リアルマーケティングで広告収入を新たな柱に

来店者の行動をAI が画像解析することで得られるビッグデータを活用することにより、価値のあるパーソナライズされた情報提供が可能となります。リアル店舗がプラットフォームとなり、新たなマーケティングサービスを生み出す場となることで、新たな収入の柱となるビジネスモデルを創出します。

※4 株式会社 電通調べ 2017年 日本の広告費|業種別広告費より
http://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2017/
http://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2017/business.html

個別戦略についてご相談を承ります

デジタルトランスフォーメーション時代
小売に変革を起こそう

あらゆるビジネスモデルやプロセスがデジタル化し、業種問わず企業がITを中心とした組織に変革し、社会全体に変化をもたらす「デジタルトランスフォーメーション」が、AIの進歩とともに現実味を帯びてきました。
農業、医療、建設、鉄道など多数の業種向け AI サービスを手がけてきた OPTiM は、フレキシブルかつスピーディーな対応でいち早く時代を捉え、企業のビジネス戦略に応える体制を築いてきました。
AI Storeは未来に必要な小売業界向けストアソリューションを揃えています。AIテクノロジーの力で一緒に未来を変えていきませんか?

OPTiMのAI Storeテクノロジー

小売業界向けストアソリューションをトータルに提供 AI Storeのテクノロジー紹介