新たな価値を創造する先進のAIテクノロジー

AIテクノロジーを用いることで、世の中のデータを解析し、ビジネスに新たな価値を創造します。

AI画像解析

Vision AI
– 画像解析 –

人工知能(AI)が画像から様々な情報を抽出し、統計的なデータを獲得できます。アルゴリズムに沿って前処理から解析までを一貫して処理できる機械学習に加えて、深層学習(ディープラーニング)を使えば人工知能(AI)に自動で特徴点の抽出を行わせることも可能です。

活用例

AI画像解析
不良品検知

人工知能(AI)に良品の写真を学習させることで、不良品の自動検出が可能になります。

AI画像解析
属性分析

画像に写っている人物の男性・女性を判別することで、来訪者の属性分析が行えます。

AI画像解析
侵入検知

侵入禁止エリアに人物が侵入した際、人工知能(AI)が自動的に検知・通知してくれます。

AI画像解析
ヒートマップ

エリア内にいる人物の数や時間ごとの推移、行動状況などを可視化することができます。

AI画像解析
人物識別

事前に登録した人物との照合を行う人物識別は、入退出管理や防犯対策などに役立ちます。

AI画像解析
過密度検出

一定時間、エリア内に人が密集する状況が発生した場合、自動的に検知・通知が可能です。

AI画像解析
導線監視

エリア内において人がどのような行動をとっているのか、導線を可視化することができます。

AI画像解析
滞留検出

エリア内において一定時間、人や物などが動かない状況が発生した場合に検知できます。

AI画像解析
人物追跡

エリア内に入った人物の行動を、カメラで自動的に追跡することが可能です。

AI画像解析
最適化(映像加工)

天候の変化によって映像が見づらくなった際、映像加工処理で見やすく最適化します。

AI画像解析
顔ぼかし(映像加工)

特定者以外の人物の顔にぼかし加工処理を施すことで、プライバシー保護が行えます。

AI画像解析
もの検出(忘れ物)

普段は物品が置かれていない状況下において、物品が置かれた際に検知・通知が可能です。

AI画像解析
車両カウント

事前に調査エリアを設定しておくだけで、車両の数をカウントすることができます。

AI画像解析
逆送検知

一方通行の道路や通路を逆走した際、自動で検知・通知が行えます。

AI画像解析
ナンバープレート検出

ナンバープレート情報から、特定車両の確認および不法駐車や定位置の駐車管理ができます。

AI画像解析
駐車領域状態監視

パーキングスペースの停車・空車状況に加え、停車時間や駐車禁止ゾーンへの駐車などを検知します。

AI画像解析
見守り対象者検出

白杖や車椅子、盲導犬などが必要な方々を自動的に検知し、安全を守ります。

AI音声認識

Speech AI
– 音声認識 –

人工知能(AI)で音声を解析し、言葉の内容だけでなく、その文脈から感情などを含む様々な情報を抽出できます。リアルタイムの音声データ、録音された音声データのいずれも解析対象とできるため、あらゆるケースで活用が可能です。

活用例

音声のテキスト化
音声のテキスト化

スピーチ、会話、会議、コールセンターのやり取りなどの音声を認識し、テキスト化します。

話者識別
話者識別

複数人の会話でそれぞれの発言者を識別できるため、インタビューや会議の文字起こしに役立ちます。

感情認識
感情認識

音声のトーンなど特徴を解析して感情を認識します。コールセンターなど顧客対応の改善に活用できます。

AI自然言語処理

Language AI
– 自然言語処理 –

日本語をはじめ、人間が使う言語を人工知能(AI)で解析します。大量の文章の解析、自動的な要約や分類、機械翻訳やチャットボットなど、あらゆるケースで活用できます。

活用例

機械翻訳
機械翻訳

異なる言語を人工知能(AI)が高精度に翻訳し、外国人とのコミュニケーションをサポートできます。

自動要約
自動要約

ニュース記事、議事録、小説などの長文を自動で要約し、内容をより早く把握できます。

情報抽出
情報抽出

注文書や請求書などの書類を解析し、金額や日付をはじめ指定した情報を自動的に抽出します。

文書分類
文書分類

大量の文書をテーマやカテゴリーなど指定した軸に合わせて分析し、活用しやすいように分類します。

質問応答
質問応答

FAQやマニュアルの情報をベースとして、人工知能(AI)がお客様からの質問に回答します。

情報検索
情報検索

膨大なドキュメントの中から、必要な情報を人工知能(AI)が素早く検索します。

人工知能(AI)の導入を、ソリューションの企画から導入までワンストップでサポート

AIソリューションを導入する際は、既存のAIサービスが使えるケースだけではなく、どうしてもフィットしていないケースがあります。そんな時は、お客様の課題に合わせたAIソリューションを開発できるオプティムにぜひご相談ください。ソリューションの企画から導入まで、ワンストップでサポートします。

プロジェクト
プランニング

AIのビジネス活用の戦略立案から実行計画まで、オプティムのAI専門家がお客様のビジネスゴールに合わせて提案します。

実証フェーズ
(目安1-3ヶ月)

既存データまたは手動で取得したデータセットをもとに、ミニマムに仮説検証を実施します。

フィールド検証
(目安1-3ヶ月)

推論エンジンをIoT機器と連携し、フィールドで数サイクル実施します。数サイクルの再学習により、一定の推論精度と対環境依存性を担保します。

製品導入

ソフトウェアの設定はもちろん、ハードウェアの設置や実務オペレーションの策定も実施します。

運用

反復的に再学習を実施することで、推論精度および対環境依存性の維持・向上を行います。

最適なシステム運用で、AI・IoTサービスを開発から提供までトータルサポート

「収集・精査・学習・配信・推論」のライフ サイクル マネジメントを用いて、お客様の目的に応じて最適化された学習モデルが構築できる環境をご用意しています。AI・IoTサービスに関して、開発から提供まで統合的にサポートします。

AIシステムの運用

収集

IoTデバイスや外部システムから、学習モデルの構築に必要なデータを集めます。

精査

データに対する各種補正やアノテーションにより、データセットを生成します。

学習

深層学習(ディープラーニング)により、ディープニューラルネットワークモデルを構築します。

配信

エッジデバイスやクラウド上のインスタンスに対して、構築したネットワークモデルを配信します。

推論

お客様の目的に応じて最適化されたAI処理を実行します。

AIシステムの運用

収集

IoTデバイスや外部システムから、学習モデルの構築に必要なデータを集めます。

精査

データに対する各種補正やアノテーションにより、データセットを生成します。

学習

深層学習(ディープラーニング)により、ディープニューラルネットワークモデルを構築します。

配信

エッジデバイスやクラウド上のインスタンスに対して、構築したネットワークモデルを配信します。

推論

お客様の目的に応じて最適化されたAI処理を実行します。

AIソリューションのことならオプティムにお任せください

AIソリューションの導入に際して、業務改善のコンサルティングや、ご要望に応じたカスタマイズも行っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ