柔軟で迅速なものづくりを実現

複雑化していく製造業で遅れを取らないために

収益の向上や価値の創造を徹底的に支援

製造機械などハードウェアから取得されたデータや、生産ラインなど製造工程に関するデータの解析を通じて、改善を行うことで生産効率を上げるだけでなく、データを通じて新たな付加価値を生み出す為の支援をします。

  • 稼働率の向上

    製造機械から取得したデータを元に、故障や異常を予兆することで、迅速かつ計画的なメンテナンスが可能となり、不意に生産ラインを止めることがなくなるので、稼働率が向上します。

  • 熟練技術の継承

    スマートグラスでの映像共有を活用することによって、作業者が現場から離れた熟練者の指示を簡単に仰ぐことが可能となります。また、これらの映像データを収集し「見える化」することで、熟練者不足による技術の継承課題を解消できます。

  • 管理体制の安定化

    監視カメラによる管理体制は、管理者が映像データをリアルタイムで確認し判断する必要があったが、AIによってこれらの映像データを解析し、必要な状況にのみ通知することが可能となります。これにより、大規模な生産現場や少人数体制などの現場の事情に左右されることなく、常に安定した管理体制を構築することができます。

これからの製造業に向けたビジネスモデルの基盤を構築

データ解析により生産ラインの課題が一目瞭然に

機械のランニングコストを大幅に低減

製造機械に取り付けられたセンサーが様々なデータを取得、集約されたデータをAIで解析することによって、専門家でも気づきにくい故障や異常を予知します。これらによって故障などを事前に防ぐとともに、最適なタイミングでメンテナンスを行うことでランニングコストを低減させることが可能となります。

リードタイムの圧縮で生産ラインを効率化

生産ラインの稼働データなどを収集、それらをAIで解析させることで生産工程に潜んだ無駄を「見える化」し、適切な作業指示をすることによって、熟練者でなくても効率よく作業出来る環境構築を実現します。

製造現場で繁忙な作業者をサポート

遠隔支援で若年層の人材育成を効率化

スマートグラスでの映像共有を活用することによって、一人の熟練者がそれぞれ別の現場で働く多くの作業者に対して、ほぼリアルタイムでの指導が可能になります。若年層の育成効率が格段に向上できるとともに、全体の作業効率も向上できます。

デバイスを活用し作業工程を標準化

ウェアラブルデバイスやスマホなどで、熟練者のプロセスやノウハウをデータ化、それらのナレッジを活用することよって作業工程の見える化や標準化していくことができます。それにより作業期間の短縮などが実現できます。

現場トラブルにおける深刻な損失を未然に防止する

映像解析とリアルタイム検知による最適化

様々なエリアに設置されたカメラの撮影データを解析することで、侵入者、危険、異常といったトラブルをAIが予測し、管理者に対してリアルタイムでアラートを送信します。深刻な事態が発生する前に未然に防ぐことが可能となり、生産ラインが止まることによる損失などのリスクから守ります。

AI・ IoTによるデータを活用した製造業へ

Point1

無駄の排除・効率化

データ解析を活用した「見える化」によるプロセス改善や省エネルギー化、コストダウンを実現します。

Point2

人材育成と工程の標準化

スマートグラスを活用した若年層の育成効率の向上、熟練者のナレッジを元に作業工程の標準化を実現します。

Point3

保守保全の最適化

AIによるリアルタイム検知を活用し、ダウンタイムを短縮させ、深刻な損失を防止します。

製造現場の「見える化」を
今すぐはじめましょう

製造業におけるIT技術の活用方法についてもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ