OPTiM Cloud IoT OS
無償トライアルのご案内

オプティムでは、「OPTiM Cloud IoT OS」の開発環境と開発者向けドキュメントを無料で提供しています。

開発者向けドキュメントは、APIリファレンスのほか、チュートリアルを提供しております。チュートリアルでは、「OPTiM Cloud IoT OS」標準アプリの画面操作および、ユーザ管理やデバイス遠隔監視/操作機能の使い方や掲載していますので、開発環境を通して「OPTiM Cloud IoT OS」を体験いただけます。

また、サンプルコードとアプリを通して、デバイスのIoTデータを「OPTiM Cloud IoT OS」に蓄積し、データ活用アプリケーションを開発して「OPTiM Cloud IoT OS」上のStore機能で販売するまでの一連の流れを確認できます。「OPTiM Cloud IoT OS」上でのアプリケーション設計のベストプラクティスも紹介します。

デバイスの遠隔監視機能

デバイスの遠隔監視機能

File Explorer画面

File Explorer画面

チュートリアルサンプルコード

チュートリアルサンプルコード

チュートリアル構成

チュートリアル構成

設計ベストプラクティス紹介

設計ベストプラクティス紹介

無償トライアルのご利用は「申し込みフォーム」より必要事項を記入の上、送信してください。 お申し込み内容を確認後、メールにて開発環境と開発者向けドキュメントをご案内いたします。 また、お申し込み前に必ず制約事項をご確認ください。

開発環境を利用できる期間について

開発環境はアカウントの作成から3ヶ月間無料で利用できます。
3ヶ月以上のご利用や、下記に記載する開発環境の制約の緩和をご希望の場合は、緩和理由を添えて以下のURLよりお問い合わせください。
お問い合わせ時は、項目選択で「お問い合わせの目的:その他」「AI・IoTプラットフォーム(OPTiM Cloud IoT OS)」を選択してお問い合わせください。
https://www.optim.cloud/contact/

商用利用について

開発環境は商用利用を禁止しております。
開発したアプリケーションの販売については以下のURLを開き、「お問い合わせの目的:販売したい」「AI・IoTプラットフォーム(OPTiM Cloud IoT OS)」を選択してお問い合わせください。
https://www.optim.cloud/contact/

開発環境・チュートリアルに関するお問い合わせ

開発環境・チュートリアルの記載に関する質問は以下のGitHubリポジトリのissuesよりお問い合わせください。
https://github.com/optim-corp/optim-cloud-iot-os-tutorial

開発環境の制約事項について

  • 180 API Requests/分 のRPS制限となります。リクエスト数が上限に達した場合、およそ1分間APIリクエストを受け付けない状態となります。
  • 高負荷が続くAPIリクエストがあった場合、システムの保全のために対象のOAuthClientを停止する場合があります。
  • 開発環境は事前通知なしで停止する場合があります。
  • システムの保全に影響する大量のアクセスが発生した場合、IP接続制限する場合があります。
  • ストレージは一つの法人アカウント、または、個人アカウントにつき2GBまでとなります。弊社の想定を越えた利用があった場合、事前通知なく削除する場合があります。
  • ストレージに置いているファイルは一定期間毎に事前通知なく削除する場合があります。重要なデータは必ずローカル環境にバックアップをおとりください。
  • 長期間ログインがないアカウントは事前通知なく停止する場合があります。
  • 「Marketplace機能」に開発用の商材を掲載するためには別途お問い合わせが必要となります。詳細は無償トライアルお申し込み後にご案内する開発者向けドキュメントをご確認ください。